干し柿を実際に作ってみよう!

この記事は2分で読めます

hoshigaki

 

干し柿を実際に作る際には、
最初には適した材料と気候を選び、
時間を十分にかけて乾燥させる必要があります。

 

 

甘柿を使うことも可能ですが、
一般的には渋柿を使うことが多く、
そのままでは食べられない品種を有効活用する
手段として製法が確立しています。

 

 

秋が深まる時期になれば、
材料になる渋柿が収穫できるようになるため、
傷が少ないものを選んでおきます。

 

 

収穫したばかりの渋柿は、
そのままの状態では利用することができないため、
最初には果皮の部分を取り除く必要があります。

 

 

包丁を使って表面の皮を丁寧に剥くことは、
表面の見た目を美しく保つために重要で、
微妙な加減で調整することが求められます。

 

 

あまりにも厚く剥きすぎてしまうことがないように、
独自な機械を使うことがありますが、
家庭では手作業で行うことも可能です。

 

 

皮の部分はしっかりと剥きますが、
ヘタの部分を取り除くことはせずに残しておきます。

 

 

ヘタの部分が残っていることで、
干し柿としての見た目が良くなり、
一種の飾り物としての魅力も備えることになります。

 

 

スポンサーリンク

 

干し柿を作るのならば10月以降がお勧め

 

10月以降に干し始める場合には、
空気は十分に乾燥しているため、
余計な水分を蒸発させるための条件が揃います。

 

 

ところが、場合によっては雨の日が続くことも
考えられますから、
比較的に早い時期に干し始めた場合には、
特に慎重な管理が必要です。

 

 

湿気が多い状態で干し続ける場合には、
途中で雑菌が繁殖する可能性があるため、
出来る限りは余裕を持って時期を選ぶことが大切です。

 

 

途中で雨が降った場合には、
水滴が付着することは避けて、
一時的に室内に取り込むこともあります。

 

 

干し始めてから十分な期間が経過すれば、
渋柿に含まれるタンニンの性質が変わって、
独特な渋味が消えた代わりに強い甘味が生まれます。

 

 

この段階では表面には白い粉が浮き出てきますが、
これは長期間の乾燥過程で糖分が結晶化したもので、
干し柿が完成の状態に近づいていることを意味しています。

 

 

表面が白くなった段階になれば、
あとは室内に取り込んで保存すれば完成の状態になります。

 

 

スポンサーリンク

 

干し柿が白くなったらすぐに室内へ!

 

表面が白くなった状態を見極めることなく、
さらに干し続ける場合には、
余計に水分が蒸発して硬くなってしまいます。

 

 

逆に水分がしっかりと残っているようでは、
保存性が明らかに悪くなるため、
絶妙な加減で取り込む必要があるのです。

 

 

完成した干し柿は、冷蔵庫で貯蔵させながら、
水分と美味しさを保つようにすれば、
お正月の料理で使うこともできます。

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kabocha
  2. teiketuatu
  3. uranai
  4. 37ea7d002d701a665a24dcd5076a7014_m
  5. kawahagi
  6. katakori

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。