ぶどう狩りでもぎたてフレッシュなぶどうを食べに行こう!

この記事は2分で読めます

budou

 

ぶどうが好きなのですが、実はいままでの人生で、
直接ぶどうが実っているところを見たことが
ありませんでした。

 

 

そして、テレビでぶどう狩りの特集をしているのを
見て行ってみたいなと思うようになったのです。

 

 

特別わざわざ時間とお金をかけて、
果樹園に行くよりもスーパーに行ってその分の金額で
買ってきたほうが早いのは間違いないのですが、
一度ぐらいは行ってみるのもいいかなと思っていたのです。

 

 

初めてのぶどう狩り

 

子供もぶどうは好きな方ですから、
連れて行ったら喜んでくれるかなと思いその日の晩に
主人に相談をして週末にぶどう狩りに行ってみないかと
誘ってみました。

 

 

すると主人はぶどうが好きでも嫌いでもないので、
どちらでも良いという感じでしたが
子供が喜ぶなら良いかもしれないということで
週末に連れて行ってくれることにしたのです。

 

 

家からぶどう狩りができる果樹園は
一時間半ほど掛かる場所にあったので、
当日は朝早めに出ることにしました。

 

 

果樹園は郊外の方にありましたから、
距離は離れていたのですが渋滞などはなくスムーズに
到着することができたため、
夫の運転の負担も少なく子供も飽きることがなく良かったです。

 

 

果樹園に到着をするとぶどう狩りの説明を受けて、
入園料を払い早速ぶどうを狩ることにしました。

 

 

スポンサーリンク

 

ぶどう狩りで体験した人生で一番のぶどう

 

一面に生い茂っているぶどうを見ると
なんて美味しそうなんだろうかと思い、
まるで宝石がそこら中にあるのかとおもうほどでした。

 

 

子供も初めてのことにはしゃいでぶどうをとって
美味しそうに食べていたので、連れてきたかいがありました。

 

 

当然もぎたてなので冷たくはないのですが、
その分甘さが際立つ感じで新鮮さもあって
普段以上に美味しく感じました。

 

 

主人は冷たいほうが良いと言っていましたが、
そのようにいいながらも結構な量のぶどうを食べていました。

 

 

自分も今までにこれほど食べたことがあるだろうか
というぐらいに、美味しいぶどうを食べることが
できたので満足です。

 

 

帰りはおみやげ用のぶどうを買っていき、
冷やしておいて夜にはそれを食べたのですが
冷たいのはこれまた美味しくて朝たくさん食べたのに
夜もまた美味しく食べることができたほどです。

 

 

今度は主人も喜んでくれて、
ぶどう漬けの楽しい1日を過ごすことができたのです。

 

 

もぎたてのぶどうを採取して食べるということは
なかなかある機会ではありませんから、
とても良い経験をすることができたと思うと同時に
普段食べることが出来ない新鮮なぶどうを食べることが
出来たのも本当に良かったです。

 

 

スポンサーリンク

 

※この記事は寄稿されたものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. tukimidango
  2. kabocha
  3. kasou
  4. juusanya
  5. a1620_000854_m
  6. kuri

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。